知らなかったカーペットの可能性!人類と共に歩む絨毯史

カーペット

いいことだらけのカーペット

カーペットを使うことのメリットは、物を落とした時の衝撃を緩和してくれる役割があると思います。ガラスのコップを落としてしまった場合、下が硬いフローリングだったら、ガラスのコップは割れ、フローリングにも傷がついてしまいます。しかし、カーペットを敷いておくことでコップが落ちたときに衝撃を緩和してくれて割れずに済んだり、フローリングへの傷もつきにくくなります。
また、下に部屋がある場合など、下の階への音も緩和されると思います。梅雨の時期などは床がベタベタして不快な思いをすることもあるかと思いますが、カーペットを敷くことでいつでもサラサラでふかふかな足元になります。また、冬場は床からの冷気を遮断して足元も暖かくなります。
床には寝そべり辛いですがカーペットを敷いていれば柔らかくちょっとしたクッション代わりにもあるので直に座ったり寝たりできるので気軽にくつろぐことができます。部屋の雰囲気や色に合わせてカーペットを選ぶことで華やかになったり落ち着いた雰囲気になったりと、インテリアとしてもとても楽しめます。
大きさや毛の長さや種類も様々なので自分の好みにあったカーペットを選べます。メンテナンス方法としては週に2,3回ほど掃除機でほこりを取り除いてあげるのがいいと思います。天気のいい日に外に出して軽く叩いてほこりを取り除くのも、清潔さを保つために大切だと思います。

カーペットから始まる家族との空間の作り方

カーペットと聞くと、世界で一番高価と言われている「ペルシャ絨毯」を思い浮かべます。ペルシャカーペット発祥のイランではその歴史も非常古く、古代より親から子へ、子から孫へと代々その家の想いや家族が集まる家を尊重するためにカーペットが継承されてきたといわれています。嫁入り道具としても重要で、親から受け継いだり、嫁ぐ際新しくオーダーメイドで用意し新しい家のリビングルームを飾るそうです。
イランでは家の中は日本と同じように床に座り、家族で談笑したり、“チャイ”というお茶を飲む習慣があります。より多くの家族が同じ空間で同じ時を過ごすことがとても大切とされ、その場所を彩るのがペルシャカーペットです。より大きく高品質なカーペットはその家の財産の象徴でもあり、イランではより上等なカーペットを持つ、つまりより多く子供を持つよう親より教育を受けるようです。カーペットは唯一取り換えが簡単なインテリアです。
季節に合わせたコーディネートや好きな色など家族と相談の場を設け、皆で空間作りをカーペットから始めても素敵だと思います。居心地のよいリビングルームには自然と家族が集まり、現代のスマートフォン癖の改善につながったり、コミュニケーションの場がより広がると素敵ですね。シンプルなリビングルームでしたらアクセントになるような素敵なカーペットを選んで目を引くようなコーディネートも挑戦したいです。

お部屋のアクセントにカーペット

現代はフローリング住宅が定番化されている影響で、カーペットを敷く家庭が減少しています。カーペットは防音性、保温性が高く、転倒したときに衝撃をやわらげてくれることもメリットです。また、ラグマットのようにお部屋の1部に敷くことで、アクセントにもなります。さまざまなデザインがあるので、天井や壁、床の雰囲気などインテリアに合わせてコーディネートすると良いでしょう。
モルタルや落ち着いたカラーの壁紙を使用している場合は、グレーやブラウンなどダークトーンのカーペットが適しています。明るいカラーを選択すると浮いてしまうので気を付けましょう。壁紙や天井、床がナチュラルトーンで明るいカラーの場合は、明るめのベージュやアイボリーがおすすめです。部屋全体に敷くのとテーブルやソファーなど家具の上だけに敷くのでは雰囲気がガラリと変わります。
部屋を広く見せたい場合は全体に敷くと良いでしょう。ただ、全体に敷く場合はズレがあるとカッコ悪くなってしまうので、注文するときに気を付けなければなりません。きちんと長さを図ってジャストサイズにカットしてもらいましょう。端は切りっぱなしではほつれが出て老朽が早くなるので、きちんと加工してもらうのがベタです。


理想のカーペットをご利用してみませんか?カーペットをお探しの方に最適のものを見つかる人気のびっくりカーペットです!様々な種類もカーペットを低コスト、そいsて高品質で提供できるのです!カーペットを購入したい方におすすめになっています!

TOP